今日の一日


昨年完成予定の堆肥舎。しかしいろいろな事情があり、遅れている。とてもイライラする。けどそれも私の至らなさ。今まで作物を作るときは買った堆肥を少し敷いて、その後化学肥料を適当に振って植えつけた。最初のうちはエクセルで計算して、単肥を混ぜ合わせて、やっていたが、要領がわかると、適当になった。妥協の産物である。それでも根菜類は何とかなる。今でもじゃがいも、さつまいも、にんにくは比較的作りやすい。ただしかし、これからやる葡萄だとか、スイカメロンはそうはいかない。このような妥協しまくった農法では絶対うまくゆかない。農法のロジックが少しでも崩れると、そこから綻びが出始め、段々と作物に対して妥協していく。やれ病気が出たから農薬を使わないといけないとか、除草剤が必要だとか・・・。そうして妥協のしまくりの結果、ロクでもない作物ができあがる。
それを防ぐために一貫した農法に基づき、堆肥舎が必要なのである。しかし来年から稼働するとなると、効果が表れ始めるのが、2年後。気の長い話である。
それでも農家として多少のプライドもある。何とか悔いのないやり方で作物を作りたいものだ。